台風と体の変化

皆さんこんにちはくま鍼灸院スタッフの飯塚です^_^

7月、8月の日本は季節的に台風が発生しやすいようです。

今年の7月は停滞した前線の影響により西日本豪雨が発生し、大変な被害になりました。

また、8月にも台風や集中豪雨など今までに経験したことのない雨が降り、各地で被害を受け避難されたり復旧作業に追われている方々もおられます。

心よりお見舞い申し上げます。少しでも早く元の生活に戻れるよう祈っております。

 

台風や低気圧などの接近により気圧が急激に下がると私達人間の体に変化が起きます。

その変化を調節するのが、皆さんご存知の自律神経です。

この自律神経、特に交感神経が異常興奮することにより副交感神経とのバランスを崩してしまいます。

自律神経のバランスが崩れるといろいろな症状が体に現れてきます。

 

その中でも特に訴えが多い症状は頭痛だそうです。

その他にも首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども。

 

この気圧の変化により体に症状が出る方は“気象病”と言われています。

気象病の原因は急激な気圧の変化によるものです。

また、変化は急なほど強くなるようです。

主に不調を訴えるのは気圧が低下するときですが、なかには気圧が上昇するときに不調を訴える人もいます。

 

 

気圧が変化すると人間の体はストレスを感じやすくなるようです。

気象病はどんな方がなりやすいのでしょうか??

 

 

一説によると“耳が敏感な人がなりやすい”のではないかと言われています。

 

 

耳とは“内耳”の事で、鼓膜の奥にある、かたつむりのような形をした器官を指します。

長年、気象病について研究を行い、日本で初めて「天気痛外来」を開設した、愛知医科大学の佐藤純教授は、これまで行ってきた実験から、内耳には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないかという仮説を立てました。

 

 

内耳で気圧の変化を感じると、センサーでキャッチした気圧変化の情報が脳へと入り、自律神経系を活性化させます。

ここで、内耳が気圧の変化に敏感だと、少し気圧が変化しただけでも、過剰に脳に情報が伝わり、自律神経の中枢視床が刺激されて交感神経あるいは副交感神経が過剰に活性化されてしまいます。

 

 

交感神経が活発になれば痛みを感じますし、副交感神経が活発になればだるくなったり眠くなったりします。

気象病で神経痛や関節痛が起こるのは交感神経が活発になりすぎて痛みの神経を直接刺激したり、血管が過剰に収縮したりしてけいれんし、血管の周囲の神経を興奮させるから。

そして、古傷が痛むのは、脳が過去の痛みの記憶を呼び起こすからだと考えられています

 

 

この気象病に悩んでいる人は、乗り物酔いにも悩んでいることが多いようです。

乗り物酔いをしやすい人は、内耳が揺れに敏感です。

一方、気象病は内耳が気圧の変化という「揺れ」に敏感だと起こるので、乗り物に酔いやすい人と気象病になりやすい人は共通することが多いようです。

 

 

気象病の予防はズバリ!自律神経のバランスを整えることです。

市販の酔い止めを服用することで症状緩和する人もいますが、効果は商品によって人それぞれのようです。

鍼灸治療は自律神経のバランスを整えることが得意です。

継続して治療することによって自律神経がうまく連動するようになって、適用力が上がるとされています。

 

 

 

自律神経のバランスを整えるには日頃からの工夫や積み重ねが大切です。

規則正しい生活、ストレスを溜めない、適度な運動、など最初から一度にすることはとても大変なことですので、少しずつ始めて習慣化すると良いかもしれませんね。

 

 

私達、くま鍼灸院では鍼灸治療で皆様の体調管理や自律神経のバランスを整えるお手伝いをさせていただいております。

不調が続いており、体調がすぐれない時にはぜひご相談いただければと思います。

お気軽にご連絡ください(^^)v

アイスクリーム頭痛って!?

皆さんこんにちはスタッフの飯塚です😃

7月は本格的に暑くなってきましたね^^;

汗をかきますと身体からミネラルが汗とともに排出されて身体のミネラルバランスを崩し、脱水症状を起こしたり、こむら返りを起こしてしまったり体調を崩してしまう方も多いかと思います。

 

 

暑いときには冷たいものを取りたいかと思いますが、冷たい物の食べ過ぎ、飲み過ぎには注意してくださいね。

冷たさで胃腸の血流が悪くなり消化吸収も悪くなりやすいかと思います。

今回は冷たいものを一気に口に入れると起こりやすいアイスクリーム頭痛について調べてみました

 

 

 

アイスクリーム頭痛(アイスクリームずつう、英: Ice-cream headache)は、アイスクリームやかき氷などの極端に冷たいものを食べた直後に数分程度発生する頭痛。

医学的な正式名称である。

国際頭痛学会では「寒冷刺激による頭痛」に分類される。

「刺すような痛み」「脈打つ痛み」「脳が凍るような感じ」など症状は個人差が大きく、片頭痛持ちの人に起きやすい傾向がある。(Wikipediaより出典)

 

 

アイスクリーム頭痛はまだ発症メカニズムの解明は進んでいないようです。

頭痛の原因としては2説唱えられているようです。

 

 

1説は、冷たいものを食べた際に口腔内の温度が急激に低下し、反射で体温を上昇させるため頭に通じる血管を膨張させて血流を一時的に増大させ、それにより頭の血管に一時的に炎症が発生して頭痛を引き起こす。

 

 

2説は、冷たい物が喉を通過することにより、喉の三叉神経が刺激され、この時に発生する伝達信号を脳が勘違いし、関連痛として頭痛が発生する。

 

 

上記の2つの説はどちらも正しく、両方が要因となり発生していると考えられているようです。

 

では、このアイスクリーム頭痛を起こさないようにするにはどうしたら良いのでしょうか??

 

それは、「ゆっくり時間をかけて食べる」こと!たったそれだけです。

 

ゆっくり時間をかけて食べることで、喉が冷える早さを抑えられ、神経の刺激や血管の膨張を緩やかにすることができ、アイスクリーム頭痛が起きにくくなるのです。

 

他には温かいものを取りながら冷たいものをとる場合や、足湯に浸かりながら冷たいものをとると良い場合もあるそうです😳

 

暑い時期には冷たいものを取りたくなるかと思います。

急いで食べず、ゆっくり味わっていただくことが大切かもしれませんね。

 

あ!あまり冷たい食べ物を取りすぎると胃腸の働きも悪くなりますので、冷たい物の食べ過ぎには注意してくださいね😄

 

冷たいもののとりすぎや、冷房によって冷えてしまったお身体は鍼灸治療でお役に立てるかもしれません。ぜひ一度ご相談ください😉

 

 

 

 

 

 

 

「病気は才能」なんですね!

こんにちは。スタッフの宮澤です。

この間までコタツを愛用していたと思ったら・・・今度は一気に気温が上がりましたね(;^ω^)

 

4~5月の飯田市の最高気温は30℃。最低気温は0℃

寒暖差の大きさや、新年度の環境の変化などから、

・風邪をひく ・肩こり、頭痛 ・腰痛(ちょっとしたきっかけで、かなり痛む・・・。)

といった体調不良を訴える人が多かったように思います。

 

・・・・という私も、実は・・・・。

GWは風邪をひき、家で療養しておりました。

 

鍼灸院に勤める前の自分は、体調不良が起きれば

体調を崩した自分を責めつつ・・・

“働き方か、食事か、休息のとり方か、なぜ、体調を崩したのか”原因は何かとひたすら探り、

「治らなかったらどうしよう。」「まわりに迷惑をかけてしまったらどうしよう。」と、悪いイメージをし、気持ちがザワザワしていました。

 

東洋医学的な考え方、体とこころのつながりを知ったことで

今回の風邪(特に咳が長く続きました。)も、

「自分のこころの奥底が、何かを言いたがっているのかなぁ。

体を休む機会をいただけて、ありがたいなぁ。」

と落ち着いた気持ちで過ごせました。

 

当院待合室には、いろいろな本が置いてあります。

その中に おのころ心平さん著書「病気は才能」という本があります。

 

一部抜粋させていただきます。

 

「これまでクライアントさんと接してきて、私はあることに気がつきました。

自らの病気としっかり対峙し、見事に克服されていく方には、病気が治ってしまうだけではなく、その人本来の自分らしさをも獲得していくという共通点があったのです。このことから私は、病気とは、本来の自分らしさを思い出すためのプロセスなのではないかと考えるようになりました。そして、それができないままでいると、その人本来の才能が、病気やカラダの不調という形で現れるのではないか?と。

本人にも気づかない才能が、

本人にも気づかない生活上の制約によって抑圧され、

本人にも気づかない葛藤をカラダに生み、

それが、からだの症状として表現されてしまっている・・・。」

 

下記の表は、おのころさんが長年のカウンセリング経験から、体に現れる自覚症状の背景にあるこころの傾向をまとめたものの一例です。

 

   症  状     潜 在 的 な ココロの 課題
頭 痛 自己否定、自己批判、これ以上は動けないという気持ち
鼻づまり、副鼻腔炎 親からの束縛感、自分の才能へのフタ
空 咳 パーソナルスペースを守りたい
ぜんそく 相手の理解が得られないことへのあきらめ
腰 痛 これだけしてあげているのにひとつも感謝されないという怒り
疲れがとれない 1人ですべてをやろうとする、周囲との調和がとれない

「病気は才能」おのころ心平著、かんき出版 より

 

 

考え方の一つ。体に起きる症状を、そういった視点から捉えて、自分で自分の内側を見つめるきっかけになるなぁ、と思います。

 

食べ物にしても、いい考え方

にしても

目の前のことをこなすのに必死~~~!な時や

自分の胸の内がいっ

ぱい、いっぱいで、これ以上、考えられない、

考えたくない~~~!という時は、正直、受け入れられない・・・ということが誰にもあると思います。

 

体が痛むとき、体調が優れないときは

「痛い」「つらい」「不安」「イライラする」と、ありのままの気持ちを

出すチャンス💛

 

いらないものを出すから、いいものが入る~♪のですね♪

 

夜中の咳込み、声帯が痛み

声が出ません~~~

う”~~~(‘Д’)と過ごした時間を終え

こころが解き放されて、身もこころも軽くなったことに感謝しています。

 

「病気は才能」

 

思い込みの殻を破るキーワードですね♪