「湿気と身体の関係」~東洋医学的な視点から~

 皆さんこんにちは♪スタッフの飯塚です(^^)

6月に入って雨も降ることが多くなってきましたね^^;

潤いたっぷりのこの季節に身体は湿気の影響を受けることが多いようです。

東洋医学では過剰な湿を“湿邪”(しつじゃ)と言いまして、

体の外から身体へ影響を与える外感病の発病因子の一つと捉えています。

今回はそんな“湿邪”について調べてみました。

 

 

湿邪とは、東洋医学で言う外から身体に入ってくる病気の原因の一つです。

自然界の6種類の気候変化である六気(風、寒、暑、湿、燥、火)が異常をきたすと六邪となり、病気の原因となることから外感病邪(がいかんびょうじゃ)とも言われています。

 

 

なにやら難しい話でちんぷんかんぷんですよね(・・?

 

詳しく説明しますと、
自然界の気候変化は東洋医学では六気と呼び、
先程出てきた風寒暑湿燥火(ふう・かん・しょ・しつ・そう・か)で
現れると言われています。

風は気温変化によって起きる空気対流から派生する風、
寒は寒さ、
暑は暑さ、
湿は湿気、
燥は乾燥、
火は熱の強い状態で季節性はないとされています。

六気の気候変化は万物を育むうえで欠かせないものですが、
六気に過不足が生じた場合や、時期に反して出現した場合、
身体に悪影響を与える六邪(六淫)へと転化します。

これを外邪(がいじゃ)と呼び、外感病(がいかんびょう)の主要な発病因子となります。

 

 

六邪は口、鼻、皮膚から体内へ侵入します。

正気(身体の抵抗力)が強く外邪を排除できれば病気にはならないですが、
外邪が正気に勝ると発病します。

また、外邪の多くは季節、時間、居住地、環境と関係があるほか、2種類以上の外邪が同時に身体に入り込み、複雑な症状を引き起こすこともあります。

 

 

では、ここからは湿気の過剰により身体へと悪影響を与える湿邪についてみていきましょう。

 

 

湿邪は湿気を持つ邪気で、梅雨時や夏の湿気の多い環境で現れやすいとされています。

湿は濁りと粘りの性質があり、体内に侵入すると経絡や臓腑をつまらせ下痢やむくみが見られるようになってきます。

 

 

主な症状

下痢、頭重感、尿が出にくい、胸のつかえ、足にむくみ、倦怠感など

 

 

湿の性は重濁

 

「重」とは重いという意味。

湿邪が肌表より侵入して身体に影響すると、身体がだるい、四肢が重だるい、といった症状が現れる。

湿邪が経絡、関節に滞ると、
気血の流れが悪くなり、
皮膚の鈍感(感覚が鈍くなる)、
固定性の関節疼痛、重だるさ、動きにくいといった症状が見られる。

「濁」には汚く、不潔という意味。多くは排泄物と分泌物が汚く清らかでないことを指す。

これには目ヤニが多い、軟便、或いは粘液便、膿血便、尿の混濁、女性の帯下病、湿疹など

 

 

湿の性は粘滞

  • 湿には粘服(ネバネバ、ベったりと粘着すること)、停滞という性質がある。
  • 湿邪には粘滞性があり、排泄物や分泌物が滞って、すっきりしないなど。

 

 

湿邪による病の多くは治りにくく、
疾病の経過が長くなり、
速やかに治りにくく、
繰り返し再発を見ることもあります。

 

 

外感病になりにくくするには身体の適応力を高めて病気になりにくい身体を保つことが大切です。

日々の身体のメンテナンスや予防のための鍼灸治療を受けて適応力を高め病気になりにくい身体を目指してみませんか?

「病気は才能」なんですね!

こんにちは。スタッフの宮澤です。

この間までコタツを愛用していたと思ったら・・・今度は一気に気温が上がりましたね(;^ω^)

 

4~5月の飯田市の最高気温は30℃。最低気温は0℃

寒暖差の大きさや、新年度の環境の変化などから、

・風邪をひく ・肩こり、頭痛 ・腰痛(ちょっとしたきっかけで、かなり痛む・・・。)

といった体調不良を訴える人が多かったように思います。

 

・・・・という私も、実は・・・・。

GWは風邪をひき、家で療養しておりました。

 

鍼灸院に勤める前の自分は、体調不良が起きれば

体調を崩した自分を責めつつ・・・

“働き方か、食事か、休息のとり方か、なぜ、体調を崩したのか”原因は何かとひたすら探り、

「治らなかったらどうしよう。」「まわりに迷惑をかけてしまったらどうしよう。」と、悪いイメージをし、気持ちがザワザワしていました。

 

東洋医学的な考え方、体とこころのつながりを知ったことで

今回の風邪(特に咳が長く続きました。)も、

「自分のこころの奥底が、何かを言いたがっているのかなぁ。

体を休む機会をいただけて、ありがたいなぁ。」

と落ち着いた気持ちで過ごせました。

 

当院待合室には、いろいろな本が置いてあります。

その中に おのころ心平さん著書「病気は才能」という本があります。

 

一部抜粋させていただきます。

 

「これまでクライアントさんと接してきて、私はあることに気がつきました。

自らの病気としっかり対峙し、見事に克服されていく方には、病気が治ってしまうだけではなく、その人本来の自分らしさをも獲得していくという共通点があったのです。このことから私は、病気とは、本来の自分らしさを思い出すためのプロセスなのではないかと考えるようになりました。そして、それができないままでいると、その人本来の才能が、病気やカラダの不調という形で現れるのではないか?と。

本人にも気づかない才能が、

本人にも気づかない生活上の制約によって抑圧され、

本人にも気づかない葛藤をカラダに生み、

それが、からだの症状として表現されてしまっている・・・。」

 

下記の表は、おのころさんが長年のカウンセリング経験から、体に現れる自覚症状の背景にあるこころの傾向をまとめたものの一例です。

 

   症  状     潜 在 的 な ココロの 課題
頭 痛 自己否定、自己批判、これ以上は動けないという気持ち
鼻づまり、副鼻腔炎 親からの束縛感、自分の才能へのフタ
空 咳 パーソナルスペースを守りたい
ぜんそく 相手の理解が得られないことへのあきらめ
腰 痛 これだけしてあげているのにひとつも感謝されないという怒り
疲れがとれない 1人ですべてをやろうとする、周囲との調和がとれない

「病気は才能」おのころ心平著、かんき出版 より

 

 

考え方の一つ。体に起きる症状を、そういった視点から捉えて、自分で自分の内側を見つめるきっかけになるなぁ、と思います。

 

食べ物にしても、いい考え方

にしても

目の前のことをこなすのに必死~~~!な時や

自分の胸の内がいっ

ぱい、いっぱいで、これ以上、考えられない、

考えたくない~~~!という時は、正直、受け入れられない・・・ということが誰にもあると思います。

 

体が痛むとき、体調が優れないときは

「痛い」「つらい」「不安」「イライラする」と、ありのままの気持ちを

出すチャンス💛

 

いらないものを出すから、いいものが入る~♪のですね♪

 

夜中の咳込み、声帯が痛み

声が出ません~~~

う”~~~(‘Д’)と過ごした時間を終え

こころが解き放されて、身もこころも軽くなったことに感謝しています。

 

「病気は才能」

 

思い込みの殻を破るキーワードですね♪