素敵な出会いがありました(*^^*)

こんにちは。スタッフの宮澤です。

この度の西日本豪雨被害に際し、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く平穏な日常を迎えられますことをお祈りいたします。

下伊那地区も山々に囲まれ川がある地域です。

できる備えや、いざ・・・ということを考えて、対策したいですね。

 

私は、助産師という仕事柄、産まれる生命、また亡くなる生命にも出会ってきました。

「新しい生命を授かること」

「生きてこの世に誕生すること」

「今を生きていること」

すべてが当たり前でなく、尊いものだと思います。

 

先日、友人に誘われ、飯田市創造館で開催された飯田市伊豆木出身の

【イラスト書道家】✨ 和全さん 

の個展を観に行ってきました。

 


【 和全さん紹介文:2018,6,30中日新聞記事より

本名:土屋和泉(いずみ)

8歳から書道を習い、イラストも好きで描いていた。
新潟大(新潟市)で書道を学び、東京都の出版社に就職後はイラストやデザインを担当。
「私にしかできないことを」と2015年にイラスト書道を考案し、米ニューヨークの展覧会で1位を獲得するなど評判になった。

個人的に制作を依頼された作品が「一生大切にします」と言われたことで、会社の仕事とは違うやりがいを覚え、昨年11月に独立。
絵本のイラストや書籍の題字など精力的に活動を続ける。


 

個展では、絵本「ふたりの兄弟」(トルストイ原作)を翻訳した本のソムリエ団長さんと和全さんとのトークショー、和全さんの書道パフォーマンス、またプロジェクトマッピング映像紹介とステキな催しばかりでした。

 

「ライフ」という個展タイトルにピッタリな作品の数々にこころが惹きつけられました。

 

私は、近隣市町村の小・中・高校へ、

いのちの授業・性教育・ライフデザインセミナーの出前授業に行っています。

生命誕生・いのちの尊さ・二次性徴・性感染症予防・ライフデザイン・・・

といった知識提供する機会でもありますが、

「いのちの話・・・またか・・・。」

「感染症??自分に関係があるの??」

身近に感じられないなぁ、興味ないなぁ・・・といった反応があります。

「未来」の話より、「今」自分に起きているLINEでの友達関係の悩み、

体・成績に関するコンプレックス、

親との関係など、別のことで気持ちがいっぱい・・・という話も聞きます。

 

授業内で、

「皆さんはうまれてきてよかったと思いますか?」

「家族やまわりから、自分は必要とされ、大切な存在だと思いますか?」と聞いています。

すると、ニコっと笑顔でうなずく人、

首を大きく横に振る人、

うつむく人、

にらむような強い視線を向けてくる人、と様々です。

 

「幸福感」「生きていていい・自分は大切という安心感」が、

その人の中にそっとまれることをける(寄り添う)になりたいな~~~と、

ここ数年の出前授業や女性の相談を受けながら、胸の中にありました。

 

和全さんの作品を見た瞬間に、たくさんのインスピレーションが浮かびました♪

 

 

(^^♪ 善は急げ~~ ♪

ということで、早速、和全さんに、仕事依頼させていただき、

これから思春期~子育て世代~更年期世代の皆さんへ贈る読み物作りに取り組みます♡

お披露目を楽しみにしてくださいね♪

わくわく♡

 

 

 

「病気は才能」なんですね!

こんにちは。スタッフの宮澤です。

この間までコタツを愛用していたと思ったら・・・今度は一気に気温が上がりましたね(;^ω^)

 

4~5月の飯田市の最高気温は30℃。最低気温は0℃

寒暖差の大きさや、新年度の環境の変化などから、

・風邪をひく ・肩こり、頭痛 ・腰痛(ちょっとしたきっかけで、かなり痛む・・・。)

といった体調不良を訴える人が多かったように思います。

 

・・・・という私も、実は・・・・。

GWは風邪をひき、家で療養しておりました。

 

鍼灸院に勤める前の自分は、体調不良が起きれば

体調を崩した自分を責めつつ・・・

“働き方か、食事か、休息のとり方か、なぜ、体調を崩したのか”原因は何かとひたすら探り、

「治らなかったらどうしよう。」「まわりに迷惑をかけてしまったらどうしよう。」と、悪いイメージをし、気持ちがザワザワしていました。

 

東洋医学的な考え方、体とこころのつながりを知ったことで

今回の風邪(特に咳が長く続きました。)も、

「自分のこころの奥底が、何かを言いたがっているのかなぁ。

体を休む機会をいただけて、ありがたいなぁ。」

と落ち着いた気持ちで過ごせました。

 

当院待合室には、いろいろな本が置いてあります。

その中に おのころ心平さん著書「病気は才能」という本があります。

 

一部抜粋させていただきます。

 

「これまでクライアントさんと接してきて、私はあることに気がつきました。

自らの病気としっかり対峙し、見事に克服されていく方には、病気が治ってしまうだけではなく、その人本来の自分らしさをも獲得していくという共通点があったのです。このことから私は、病気とは、本来の自分らしさを思い出すためのプロセスなのではないかと考えるようになりました。そして、それができないままでいると、その人本来の才能が、病気やカラダの不調という形で現れるのではないか?と。

本人にも気づかない才能が、

本人にも気づかない生活上の制約によって抑圧され、

本人にも気づかない葛藤をカラダに生み、

それが、からだの症状として表現されてしまっている・・・。」

 

下記の表は、おのころさんが長年のカウンセリング経験から、体に現れる自覚症状の背景にあるこころの傾向をまとめたものの一例です。

 

   症  状     潜 在 的 な ココロの 課題
頭 痛 自己否定、自己批判、これ以上は動けないという気持ち
鼻づまり、副鼻腔炎 親からの束縛感、自分の才能へのフタ
空 咳 パーソナルスペースを守りたい
ぜんそく 相手の理解が得られないことへのあきらめ
腰 痛 これだけしてあげているのにひとつも感謝されないという怒り
疲れがとれない 1人ですべてをやろうとする、周囲との調和がとれない

「病気は才能」おのころ心平著、かんき出版 より

 

 

考え方の一つ。体に起きる症状を、そういった視点から捉えて、自分で自分の内側を見つめるきっかけになるなぁ、と思います。

 

食べ物にしても、いい考え方

にしても

目の前のことをこなすのに必死~~~!な時や

自分の胸の内がいっ

ぱい、いっぱいで、これ以上、考えられない、

考えたくない~~~!という時は、正直、受け入れられない・・・ということが誰にもあると思います。

 

体が痛むとき、体調が優れないときは

「痛い」「つらい」「不安」「イライラする」と、ありのままの気持ちを

出すチャンス💛

 

いらないものを出すから、いいものが入る~♪のですね♪

 

夜中の咳込み、声帯が痛み

声が出ません~~~

う”~~~(‘Д’)と過ごした時間を終え

こころが解き放されて、身もこころも軽くなったことに感謝しています。

 

「病気は才能」

 

思い込みの殻を破るキーワードですね♪