不妊鍼灸ネットワーク改め(一社)日本生殖鍼灸標準化機関(JISRAM「ジスラム」)に!

当院は5年ほど前より不妊鍼灸ネットワークに所属させて頂いておりました。その不妊鍼灸ネットワークはこの4月に法人化して、(一社)日本生殖鍼灸標準化機関(通称JISRAM「ジスラム」)に名称を変えました。

もともとこの組織が立ち上げられたのは、全国でも指折りの熱い先生方の思いでした。
日本中の「赤ちゃんを待ち望む方々」が鍼灸治療を利用される際に、正しく有効な治療を受けて頂きたいとの願いから、本会は平成23年に設立が準備され、24年に発足しました。そしてこの4、5年間に着実に発展を遂げています。それは「不妊症に対する知識を深め、より効果的な鍼灸治療の技術を考案、検証し、それを内外に発表すること」で、今や不妊症に関する鍼灸を学ぶ場としては、自他共に認める国内最高峰の研修を行っております。実際に会員として参加させて頂いている私としては「これ以上の不妊鍼灸の研修会はない!」「研修内容のレベルの高さに正直驚かされます。」「会員の先生方の意識がとても高く、思いが熱い!」と感じております。
JISRAMの研修はまず、妊娠に向けた正しい方向性を示せるようになるために、基礎知識から始まり、常に変化する生殖医療分野の最新の知見に至るまでを、最前線の医師らから得ることにより、常に知識の更新を図っています。次に、不妊症に対する鍼灸治療の検証です。日本中の不妊治療を謳う鍼灸院が様々な方法を行っていますが、まさに玉石混淆であり、あいまいもしくはまったく無効な治療すらまかり通っていると言われております。
JISRAMでは様々な研究論文や学会発表から科学的に有効と思われる手法を検証した上で、有効な方法を全員が習得します。またそれらを会員のみの宝とするのではなく、公開講座、各種研修会や学会でハイレベルな不妊鍼灸を普及啓発しています。

当院も「赤ちゃんを望む方々」の為に、さらに精進して参りたいと思います。

全日本鍼灸学会参加の為、6/10(土)は休診とさせて頂きます。

6月10日(土)11日(日)に全日本鍼灸学会全国大会が東京大学本郷キャンパスにて行われます。
学会参加の為、大変ご迷惑をおかけいたしますが10日(土)は休診とさせて頂きますのでよろしくお願い致します。
皆様のお役にたてるようにしっかり学んできたいと思います。

http://taikai.jsam.jp/

ホームページリニューアル中

ただ今ホームページリニューアル中につき内容が不十分で申し訳ございません。今しばらくお待ちください。

2017年5月7日