ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

男性不妊について(その2)

今回は男性因子によくない環境やセルフケアなどについてご紹介させて頂きます。

男性因子によくない生活環境
①高温環境:精巣の体温が高い状態が続くと精子を作る働きが低下する。
サウナ、電気毛布、ぴったりした下着
②ストレス:ストレスは精子の質、特に、運動能力を低下させたり、奇形率を高めたりするおそれがあります。
また、タイミング指導がきっかけで、射精障害や勃起不全になってしまう男性が増加しています。
医師から指定されたタイミングだけでなく、夫婦生活を持つことが大切です。
③薬の副作用:抗がん剤(アルキル剤)、狭心症の薬(カルシウム拮抗剤)、胃潰瘍の薬、尿路感染症の薬など多岐にわたります。
またSSRI系の抗うつ剤はDNAの損傷率を高めるといわれています。
④職場の環境:農薬や環境ホルモンなど様々な薬物が蓄積すると男性因子を悪化させるそうです。
⑤活性酸素が増える習慣:タバコ、飲酒過多、食べ過ぎ、砂糖の取り過ぎ、寝不足、運動不足など

当院での男性不妊に対する治療目的
・造精機能の改善(総精子数、奇形率)
・精子運動率の改善
・精巣への血流改善
・男性生殖器の機能改善
・自律神経調整
・免疫機能改善
・疲労回復
・睡眠改善
この様になっております。

◆気をつけたい10か条
普段の生活でもなるべく熱、ストレス、酸化を避ける生活を心がけると精子力が良くなると言われています。
普段の生活で気をつけていただきたい10項目をご紹介いたします
1. 禁煙する
2. 禁欲しすぎない
3. タマを温めすぎない
4. 育毛剤に注意
5. 肥満に注意
6. 食生活に注意
7. 睡眠はしっかりとる
8. 飲酒は適度に
9. 長時間の自転車に注意
10. 精神的ストレスの軽減

セルフケア
●食生活 体内の抗酸化作用を高めるための基本は食生活です。
精子は活性酸素に弱く、抗酸化作用も弱い。
精子を守る抗酸化力を高める食生活が重要。

○抗酸化栄養素をしっかり摂れる食生活 ポイントは、野菜や果物を、豊富な種類と量で食べることです。
▼カラフルな食材を。
▼旬の野菜。
▼植物の種子: ギンナン、アーモンド、ヒマワリの種、松の実、クコの実等、ナッツ類など
▼発酵食品: 味噌汁、納豆、豆腐、漬け物、醤油など、
▼スパイス類: わさびやコショウ、しょうがなどには強い抗酸化作用があります。
▼丸ごと: 抗酸化物質はいつも捨ててしまうような皮に豊富に存在したりします。
★男性に必要な栄養素は「亜鉛」です。カキ、レバー、ウナギなど

○活性酸素を増やさない食べ方、活性酸素を増やさない、ため込まない食べ方も大切です。
▼調理済加工食品は極力避ける スーパーやコンビニのお惣菜や加工食品の食品添加物は、体内に吸収されると異物として認識され、解毒される過程で活性酸素が発生します。
また、加工食品やインスタント食品には油で揚げたものが多く、空気に触れると酸化して過酸化脂質になり、肝臓で解毒されるときに活性酸素が発生します。

●精子力アップエクササイズ 正座とジャンプを組み合わせたインターバルトレーニングを行うと更に精子力が良くなると言われております。

①正座を30秒して立ち上がる。これを3セット行うのが理想的です。
正座をすると一時的に下肢の血流が遮断されます。
その状態から立ち上がると遮断された血液が一気に開放されて血流が再開されます。開放された血液は足の隅々まで行き渡ります。
あまり長い時間の正座はエコノミークラス症候群を起こすことがあるので注意が必要です。
正座が困難な方はスクワットで代用できます。

②かかと落とし運動
・足を肩幅に開き方の力を抜いて立ちます。
・かかとを軽く上げ、ストンと力を抜いて落とします。
・リズミカルにトントンと30秒~1分くらい繰り返し、足がだるくなったらやめます。

かかとをストンと落とすことによって骨への振動刺激になります。骨への振動刺激は骨量を増加させます。
アメリカ、コロンビア大学のジェラール・カーセンティ博士は、「骨芽細胞」が出すメッセージ物質「オステオカルシン」が骨の中から血管を通じて全身に届けられ、「記憶力」「筋力」さらには「生殖力」まで若く保つ力があることを突き止めました。 
例えばオステオカルシンがないマウスでは、位置を記憶する能力が衰えたり、精子の数が半分近くまで減少してしまうことが実験で確認されています。
骨芽細胞といえば、骨を作る細胞。その細胞が、精子の産生に関連があることを最新の研究で明らかにしたようです。
骨量増加↑≒精子産生増加↑というこれらの仮説よりこれらのエクササイズをおすすめします!

☆男性因子は変動が激しい。男性は繊細でデリケート…

精子数の最低ラインは2千万ですが健常な人でもそれより低くなる時もあります。最近は環境のせいか?
20年前の半分位になっているとも言われます。
1回の精液検査、ヒューナーテストで成績が悪くてもあまり気にしないようにした方がいいかもしれません。
1回の検査で奥さんに「あなたの精子がダメらしいわよ」などと言われると、とたんに自信を無くし、EDになる人もいます。
奥さんはそのことでけして攻めるようなことはしない方がよいかもしれません。
もちろん毎回悪い場合はそれなりに考えましょう。

男性不妊について(その1)

当院では、鍼灸師の飯塚を中心に男性不妊に対しても力を入れております。
男性不妊に関して少しずつ紹介させて頂きますね(^_-)-☆

男性不妊外来でも紹介させて頂いてますので是非ご覧ください。

今現在、不妊治療は女性がメインに治療を進めていくケースがほとんどですが、実は不妊原因の約半数近くは男性が原因と言われています。

◆男性不妊の定義

まず、男性不妊の定義についてですが、生殖年齢の男女が妊娠を希望し,ある一定期間,避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という.
その一定期間については1年というのが一般的である。
なお,妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない。(日本産婦人科学会平成27年改定)
日本産婦人科学会の改定した定義にもありますが、昨今の不妊症は女性が原因、男性が原因は関係なくある一定期間に妊娠に至らない状態が不妊症と定義されています。

実際に病院での検査を受けても異常が見られない方も多く原因不明の不妊症は病院での治療は困難です。
特に男性不妊に対する治療はまだわかっていないことも多くこれから発展してくる分野かもしれません。
しかし、造精機能、性機能に対する治療は鍼灸の分野でも研究されてきていますので、私達くま鍼灸院では常に最新の情報を取り入れて男性不妊改善に取り組んでいきたいと考えています。

◆精子について

精子の造精には通常70日強の期間を要します。
また、精子は熱やストレスに非常に弱いです。
精子は酸化にも非常に弱いです。
一般的に精子の子宮内・卵管内の生存期間は2〜3日と言われています。
長くて5日間。
精子の産生ルートは精巣の内側に精細感があり、そこで精子が産生されます。
精祖細胞→精母細胞→精娘細胞→精子細胞→精子形成
精子は成熟するに連れて管の内腔の方へ移動し、最後の段階で尻毛ができると、精子は精細感の中を泳げるようになります。
精細管は精巣の上にある“精巣上体”につながっていて、精子はここに貯蔵され出番を待ちます。
精子ができ始めてから一人前の精子になる日数は70日強です。
出番を待っていられるのは約10日で、使われなかった精子は吸収されて消えてしまいます。
そして、毎日1億個ほどできてくる新しい精子に席を譲ります。

◆男性不妊の原因

男性不妊の原因ですが、主に造精機能障害、性機能障害、精路通過障害、の3つがほとんどの男性不妊の原因とされています。
もう少し詳しく見ていきますと
・精巣で精子を作る力が低下、精子の数が少ない、造られない。(造性機能障害)       
→82.4%

・勃起や射精ができない、性交がうまくいかないため、膣内に射精できない。(性機能障害)       
→13.5%

・精子の通り道が詰まっている(精路通過障害)       
→3.9%

となっています。
上記のとおり多くの原因は造精機能障害と性機能障害が占めています。
男性不妊の治療ではいかにこの造精機能を改善し性機能を良い状態に保つかがカギになります。
ご自身の精子力の確認は病院での精液検査が一番です。
当院よりご紹介する病院にて一度精液検査を行うことをおすすめいたします。
お時間を作ることが難しい場合は精液観察キットが市販されていますのでそちらで確認も良いかもしれません。
(しかし、ご自身で確認するよりも専門家に見てもらうほうが確実!ですので、まずはお時間を作っていただき精液検査を受けていただきたいと思います)
また、過去の病歴や手術歴なども大切になってきます。
問診票をご記入の際はその有無をご記入ください。

母乳と薬の話

こんにちは。

スタッフの宮澤です。

この間まで「今年は、暑いですね~~。」と言っていましたが

一気に気温が下がり、あれっ??寒い?と

先日より鍼灸院では、暖房を入れて皆さまをお出迎えするようになりました。

どうぞ、季節の変わり目、ご自愛くださいね(^^)

私は、鍼灸院勤務とあわせて

地域の助産師として

0・1歳学級や、未就園児をもつ親御さんの集いの広場を担当しています。

皆さんと、ストレッチや骨盤体操で体を動かし

交流時間を楽しみます♪

そんな中、母乳・子育て・お母さんの体調相談も受けます。

母乳相談に、ご自身の体調不良と授乳との関連の質問を

受けることがあるので、       

いくつかの情報をご紹介します。        

●お母さんの不安 

「授乳中は薬を飲めない」

「薬を飲んだら、子どもに悪影響がある」

そう思うお母さんは多いです。

授乳と薬に関しお母さんが不安になる理由は、

授乳中のお母さんへの薬剤投与について、統一されたガイドラインがないため、

医師間で考え方の相違があることが影響していると考えられます。

同じ薬でも医師により、授乳可能と言われたり、不可能と言われたりします。

たとえ主治医に「授乳中でも安心して飲めるお薬ですよ。」と言われても、

心配し自己判断で必要な薬を飲まずに症状を悪化させてしまうこともあります。

 “お子さんも大事ですが、お母さんも大事”です。

お母さんの体調、内服の可否を判断するのは医師ですが、

揺れ動くお母さんの気持ちを受け止め、

一緒に考える誰かがいることはお母さんの安心要素になります。

●授乳と薬 

~知っておきたい情報~

*日本の医薬品添付文書には、

ほとんどの薬に「投与中は授乳を中止すること」

または「投与しないこと」と書かれています。

これは、ラットなどの動物実験で母乳中に薬の成分が移行したり、

ヒトの母乳中に薬の成分が検出されたことによります。

ただ、お子さんにどのような影響が出るのかという詳細については不明瞭です。

*アメリカ小児科学会やWHO(世界保健機関)の考え

母乳の大切さを理解した上でお母さんが使用した薬が実際にお子さんにどのような影響を

与えるのか、多くの症例報告から安全性を審査して、薬ごとに使用可能かどうかを判断しています。

その結果、母乳へ移行する量が多くてお子さんに影響が出る可能性のある薬を除き、

急性疾患で短期間に通常の量を飲む場合であれば使用可能としています。

*薬が母乳に及ぼす影響

母乳中に薬の成分は移行します。

ただし、多くの薬の移行量はお母さんが飲んだ量の1%未満と言われます。

*薬を飲むときの注意点

 ・処方:医師(産婦人科、内科、お子さんの小児科主治医など)の診察を受け、

「お母さんの治療に必要な薬だけ」をもらいます。

市販薬にはいろいろな成分が入っているものが多いので、自己判断での内服は避けましょう。

・医師・薬剤師には「授乳である」ことを告げ、

乳幼児にも処方するような薬を選択してもらうといいです。

・「念のため、とりあえず処方しておきましょう。」という程度の必要性であれば、

処方してもらわない方がいいでしょう。

・服用:授乳直前か直後にすると、薬の母乳への移行が少なくなります。

・服用した後はお子さんの様子をよく観察します。

  ⇒下痢をしないか、発疹が出ないか、眠れているか、機嫌が悪くないか、など。

もし、心配なことが起きたら小児科に相談しましょう。

~多く受ける質問~

「風邪をひいてしまいましたが、母乳から子どもに風邪がうつってしまわないか不安です・・・。」

   ↓ ↓ ↓ 

*風邪、胃腸炎、インフルエンザにかかった時に授乳を続けてもお子さんの

健康を害することはほとんどありません。

風邪がうつることを気にして、哺乳瓶で人工乳をあげても、

お母さんがお子さんのお世話を続けるのであれば、風邪がうつる可能性はあります。

ただ 母乳中に風邪のウイルスは移行しません。

母乳にはお母さんがかかった風邪のウイルスを打ち消す免疫が移行して、

お子さんを守ってくれる可能性があります。

~薬の影響や風邪がお子さんにうつることが心配な場合の授乳法~

完全母乳で育ったお子さんはお母さんのお胸の様子、母乳の味、ぬくもり、

抱っこ、匂い・・・自分が安心し落ち着くものをよく知っています。

ですから生後数か月して初めて哺乳瓶を含むと、

嫌がって飲めないことがあります。

そんな時は

 ・お母さん以外の人に授乳を頼める場合は、別の人に人工乳をあげてもらうといいです。

 (お母さんが薬を使いたい場合は、体調を崩してしまっていることが多いので、

できるだけご主人、祖父母、地域のファミリーサポート事業など・・・

誰かの手助けを受けることをお勧めします。お母さんにも、お休みして元気の充電が必要です。)

・お母さんがあげる場合は、授乳する姿勢以外の姿勢で与えてみるのもいいです。

・哺乳瓶の乳首を嫌うようであれば、スプーンや小さいコップ(おちょこ)を

使ってあげて様子をみましょう。

~薬を飲むために一時授乳を中断したい希望を受けた時~

 お母さんが大好きなお子さんは、お母さんのSOSをよく感じます。

お母さんの体や気持ちがつらい様子を察知して心配して、泣いてぐざります。

その泣き声を聞いたお母さんのお胸は張って痛みます。

搾乳方法や乳房の痛みに対するセルフケアを知っている方には実施を勧めます。

今まで飲めていた母乳を飲めなくなるお子さんの気持ちを考慮して、

お子さんにたくさんの声かけとギューの抱っこも大切です。

 まわりにいる私達は、お母さんが迷いながらも、できる情報収集をし、考え、

決めていこうとする様子を見守り、客観的な情報を伝えながら、

お母さんが自分自身で納得いく方法をみつけていくお手伝いをしていきたいですね (*^_^*)

台風と体の変化

皆さんこんにちはくま鍼灸院スタッフの飯塚です^_^

7月、8月の日本は季節的に台風が発生しやすいようです。

今年の7月は停滞した前線の影響により西日本豪雨が発生し、大変な被害になりました。

また、8月にも台風や集中豪雨など今までに経験したことのない雨が降り、各地で被害を受け避難されたり復旧作業に追われている方々もおられます。

心よりお見舞い申し上げます。少しでも早く元の生活に戻れるよう祈っております。

 

台風や低気圧などの接近により気圧が急激に下がると私達人間の体に変化が起きます。

その変化を調節するのが、皆さんご存知の自律神経です。

この自律神経、特に交感神経が異常興奮することにより副交感神経とのバランスを崩してしまいます。

自律神経のバランスが崩れるといろいろな症状が体に現れてきます。

 

その中でも特に訴えが多い症状は頭痛だそうです。

その他にも首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども。

 

この気圧の変化により体に症状が出る方は“気象病”と言われています。

気象病の原因は急激な気圧の変化によるものです。

また、変化は急なほど強くなるようです。

主に不調を訴えるのは気圧が低下するときですが、なかには気圧が上昇するときに不調を訴える人もいます。

 

 

気圧が変化すると人間の体はストレスを感じやすくなるようです。

気象病はどんな方がなりやすいのでしょうか??

 

 

一説によると“耳が敏感な人がなりやすい”のではないかと言われています。

 

 

耳とは“内耳”の事で、鼓膜の奥にある、かたつむりのような形をした器官を指します。

長年、気象病について研究を行い、日本で初めて「天気痛外来」を開設した、愛知医科大学の佐藤純教授は、これまで行ってきた実験から、内耳には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないかという仮説を立てました。

 

 

内耳で気圧の変化を感じると、センサーでキャッチした気圧変化の情報が脳へと入り、自律神経系を活性化させます。

ここで、内耳が気圧の変化に敏感だと、少し気圧が変化しただけでも、過剰に脳に情報が伝わり、自律神経の中枢視床が刺激されて交感神経あるいは副交感神経が過剰に活性化されてしまいます。

 

 

交感神経が活発になれば痛みを感じますし、副交感神経が活発になればだるくなったり眠くなったりします。

気象病で神経痛や関節痛が起こるのは交感神経が活発になりすぎて痛みの神経を直接刺激したり、血管が過剰に収縮したりしてけいれんし、血管の周囲の神経を興奮させるから。

そして、古傷が痛むのは、脳が過去の痛みの記憶を呼び起こすからだと考えられています

 

 

この気象病に悩んでいる人は、乗り物酔いにも悩んでいることが多いようです。

乗り物酔いをしやすい人は、内耳が揺れに敏感です。

一方、気象病は内耳が気圧の変化という「揺れ」に敏感だと起こるので、乗り物に酔いやすい人と気象病になりやすい人は共通することが多いようです。

 

 

気象病の予防はズバリ!自律神経のバランスを整えることです。

市販の酔い止めを服用することで症状緩和する人もいますが、効果は商品によって人それぞれのようです。

鍼灸治療は自律神経のバランスを整えることが得意です。

継続して治療することによって自律神経がうまく連動するようになって、適用力が上がるとされています。

 

 

 

自律神経のバランスを整えるには日頃からの工夫や積み重ねが大切です。

規則正しい生活、ストレスを溜めない、適度な運動、など最初から一度にすることはとても大変なことですので、少しずつ始めて習慣化すると良いかもしれませんね。

 

 

私達、くま鍼灸院では鍼灸治療で皆様の体調管理や自律神経のバランスを整えるお手伝いをさせていただいております。

不調が続いており、体調がすぐれない時にはぜひご相談いただければと思います。

お気軽にご連絡ください(^^)v

妊娠中から始めたい子育てサポート

こんにちは。助産師の宮澤です。

暑さも少し落ち着き、秋の気配を感じるようになりました。

(^^♪ 食欲の秋~。

実りの秋~。

楽しみですね♪

 

今年の4月から、飯田市の産後ケア事業として出産退院後のお母さんと生後5カ月未満の赤ちゃんが、

病院や助産所に宿泊して、心身のケアや育児のサポートを受けられるようになりました。

現在、宿泊の受け入れ施設は、下伊那赤十字病院と、よしみ助産院です。

 

産後ケア事業の詳細情報は、こちらをご参照ください。

http://www.city.iida.lg.jp/soshiki/15/sangocare.html

 

「えっ!?出産退院したのに、また入院?」

「病気でないのに、入院?」

 

と、不思議に思う方がいるかもしれません。

 

お産は病気ではありません。

ただ、お産も授乳もやってみなければ分からないことが多いのです。

入院中は、比較的眠っていた赤ちゃんが

自宅に帰ってきた晩から

泣いて~~~・・・泣いて~・・・

なんていうことも珍しくありません。

母乳は足りているのだろうか・・・。

この飲ませ方で大丈夫だろうか・・・と悩むこともあります。

悩みながら、迷いながら、だんだんと、自分のペースが掴めてくるように思います。

 

とにかく、まずは、お産をがんばったご自身の体と気持ちを

しっかり休ませてほしい。

そう願います (#^^#)

 

退院後すぐに、身を寄せるところがある。温かい食事を食べられる。

 

いざとなったら、頼る場所がある!と知っているだけで、安心感が違います。

 

来年4月に飯田OIDE高校そば(飯田市立病院にも近いです。)に出産・産後入院・母乳相談が受けられる萩元助産院が、新築されます。

そこでは、お産・母乳といった限定されたケアだけでなく

 

 参加者が 主役 主体 になれる

*パートナーと一緒にトライ♪ペアストレッチ&安産に向けたペアマッサージ

*第2・3子妊娠に向けたよもやま話

第1子妊娠と何が違うのか、体のこと、環境のこと、パートナーシップのこと

*鉄分・食物繊維が摂取でき、砂糖不使用のデザートを食べながらのおしゃべり会

*産後の骨盤ケア・シェイプアップ

 

など、運動教室やお茶会、講座を定期開催し、妊娠中から助産師と皆さんが

たくさん交流する機会を作ります。

 

私も、その講座の一部を担当させていただきます♪

 

 

産後ケア・・・特に出産退院後すぐ~母子の体調・生活の目途がつく産後3カ月ぐらいまでに、

いかに ~~切れ間のないサポートが受けられるか~~が、その後長く続く子育ての好発進の鍵です。

 

もっと言えば、産後すぐは、目の前の赤ちゃんのことや、上のお子さんの対応で、

精一杯なことが多いので、

✨ 妊娠中から、サポートを受けたい側⇔サポートをする側の双方が、

お互いの人となりを知り合える機会を作り、信頼関係を結べる 

ことが、より大切です♡

 

病院・治療院・自治体・地域住民・ご家族

み~~んなで産まれたお子さんや親御さんを見守っていけたらいいですね♪