ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

平成30年度第1回JISRAM研修会 in 名古屋に参加してきました。

7月8日(日)平成30年度第1回JISRAM研修会 in 名古屋にスタッフの飯塚と共に参加してきました。

今回は1年間かけて取り組んできたプロジェクト学習の成果発表を行いました。

プロジェクト学習とは様々なテーマの中から自分の興味を持ったテーマについてグループ毎に学習をしていくというものです。

テーマは

「不妊治療とメンタルヘルス」

「男性不妊について」

「不妊治療とRA」

「鍼灸の普及に関して」

「妊娠高血圧症候群と鍼灸治療」

「エストロゲン依存性疾患への鍼灸治療の向き合い方」

「鍼灸治療の標準化」

などあり、私は「エストロゲン依存性疾患への鍼灸治療の向き合い方」を選択し、飯塚は「男性不妊について」取り組んできました。

「エストロゲン依存性疾患・・・」なんとなく選んでしまったこのテーマ(^^;)

日本全国、遠くは鹿児島の先生。7名のグループではじめいくことになりました。

どうやって進めてくの?って思ってましたが、それぞれが学習を進め、調べたことや、疑問に感じていることなどを毎月LINEのグループ通話にて会議を行っていくことになりました。

学習をはじめるととても奥の深い内容で、しかもよくわかっていないことも多い・・・(^^;

とりあえず子宮内膜症に疾患を絞りすすめていくことに。

とはいってもどのようにまとめていったらいいのか・・・。

それぞれ手分けをして進めていくことにしました。

その中でも私は「免疫的な観点からみた子宮内膜症」についてまとめることにしました。

子宮内膜症と免疫?って思われる方も多いかもしれませんがとても重要なかかわりがあります。

 

詳しくは書ききれませんので大まかな概要を記します。

 

 

 

まず子宮内膜症とは子宮内膜組織が子宮以外の腹腔内・卵巣・ダグラス窩などに異所性に増殖、炎症を起こす疾患です。

また月経回数の増加がリスク要因とされております。

子宮内膜症はエストロゲン依存性疾患でありますが、必ずしもエストロゲン濃度が高いとなるわけではないようです。

また月経血の腹腔内への逆流が発症原因ともいわれております。

実は月経中の女性の約80~90%に血性腹水が存在していると言われており、子宮内膜症の発症頻度が成人女性の約10%という点から考えると、月経血の逆流のある女性すべてが子宮内膜症を発症しているわけではないということになります。

また子宮内膜症には免疫異常が関与しているという報告が多数あります。

・・・と前振りはこんな感じで実際の免疫的な観点からみた考察は次回お伝えさせて頂きます。

 

子宮内膜症に対する鍼灸治療は、痛みの軽減、CA125の減少などは報告されておりますがまだまだ確立されたものではありません。

もし「鍼灸で子宮内膜症を治せます!」って言ってる人がいたら、病態を理解してないか、嘘だと思って疑ってください。

ただ症状の軽減、QOLの向上、西洋医学的治療の補完などの意味では大きな役割を果たしていくと思います。

特に妊娠を希望されている方には免疫的なアプローチはとても重要になっていくことでしょう。

また飯塚の「男性不妊」のお話もまた別でお伝えさせて頂きますね。

アイスクリーム頭痛って!?

皆さんこんにちはスタッフの飯塚です😃

7月は本格的に暑くなってきましたね^^;

汗をかきますと身体からミネラルが汗とともに排出されて身体のミネラルバランスを崩し、脱水症状を起こしたり、こむら返りを起こしてしまったり体調を崩してしまう方も多いかと思います。

 

 

暑いときには冷たいものを取りたいかと思いますが、冷たい物の食べ過ぎ、飲み過ぎには注意してくださいね。

冷たさで胃腸の血流が悪くなり消化吸収も悪くなりやすいかと思います。

今回は冷たいものを一気に口に入れると起こりやすいアイスクリーム頭痛について調べてみました

 

 

 

アイスクリーム頭痛(アイスクリームずつう、英: Ice-cream headache)は、アイスクリームやかき氷などの極端に冷たいものを食べた直後に数分程度発生する頭痛。

医学的な正式名称である。

国際頭痛学会では「寒冷刺激による頭痛」に分類される。

「刺すような痛み」「脈打つ痛み」「脳が凍るような感じ」など症状は個人差が大きく、片頭痛持ちの人に起きやすい傾向がある。(Wikipediaより出典)

 

 

アイスクリーム頭痛はまだ発症メカニズムの解明は進んでいないようです。

頭痛の原因としては2説唱えられているようです。

 

 

1説は、冷たいものを食べた際に口腔内の温度が急激に低下し、反射で体温を上昇させるため頭に通じる血管を膨張させて血流を一時的に増大させ、それにより頭の血管に一時的に炎症が発生して頭痛を引き起こす。

 

 

2説は、冷たい物が喉を通過することにより、喉の三叉神経が刺激され、この時に発生する伝達信号を脳が勘違いし、関連痛として頭痛が発生する。

 

 

上記の2つの説はどちらも正しく、両方が要因となり発生していると考えられているようです。

 

では、このアイスクリーム頭痛を起こさないようにするにはどうしたら良いのでしょうか??

 

それは、「ゆっくり時間をかけて食べる」こと!たったそれだけです。

 

ゆっくり時間をかけて食べることで、喉が冷える早さを抑えられ、神経の刺激や血管の膨張を緩やかにすることができ、アイスクリーム頭痛が起きにくくなるのです。

 

他には温かいものを取りながら冷たいものをとる場合や、足湯に浸かりながら冷たいものをとると良い場合もあるそうです😳

 

暑い時期には冷たいものを取りたくなるかと思います。

急いで食べず、ゆっくり味わっていただくことが大切かもしれませんね。

 

あ!あまり冷たい食べ物を取りすぎると胃腸の働きも悪くなりますので、冷たい物の食べ過ぎには注意してくださいね😄

 

冷たいもののとりすぎや、冷房によって冷えてしまったお身体は鍼灸治療でお役に立てるかもしれません。ぜひ一度ご相談ください😉

 

 

 

 

 

 

 

くま鍼灸院開院17年!

こんにちは(*^^*)お久しぶりです。院長の熊谷です。

相変わらず慌ただしい毎日を過ごしておりますがいたって元気にやっております(^_-)-☆

実は今年の5月でくま鍼灸院を開業して17年を迎えることができました!

27歳で店舗を借りて開業し、希望と不安に満ち溢れ、必死になって取り組んでいたころが今では懐かしく感じます。

17年・・・それだけ年を重ね、「おじさんになったんだな~」って少しだけ感じます(笑)

「あの頃と気持ちは一緒!」なんて言ったら、「何も成長してないんかい!」っていう話になるんで・・・(^^;

成長したつもりではいますが、その当時の気持ちは忘れずにいたいと思っています。

 

ここ最近の慌ただしさの要因はやはりサッカーの指導者を始めたことでしょうか。

今年の3月からアザリー飯田フットボールクラブの女子チーム「フィエット」のコーチをやらせて頂いております。

色んな事情も重なり、いつかはやってみたいと思っていた気持ちも後押しして指導者に挑戦することになりました。

サッカー歴は長いものの指導者歴としたらまだまだヒヨッコなんで勉強になることばかりです。

どうしたら「できないことが、できるようになるのか?」選手としても、指導者としても、治療家としても、人間としても共通した課題なのかなって感じます。

子どもたちと触れ合っている時間は、思った以上に楽しく、また難しくも感じています。

サッカーに与えてもらったものや、アザリー飯田というクラブに対して少しでも恩返しができるように微力ながら頑張っていきたいと思っています!

またアザリー飯田の理事としてもクラブ運営に貢献しなければいけない立場でもありますので、色々と課題ばかりですが少しずつ取り組んでいきたいと思います。

ただ、もう少し時間が欲しい・・・(^^;

 

また所属している(一社)日本生殖鍼灸標準化機関(JISRAM)で取り組んでいるプロジェクト学習の発表に向けての仕上げが大詰めを迎えております。

このプロジェクト学習とは興味のあるテーマに対して数名のグループを作り、一緒に学習していくというものです。

私は「エストロゲン依存性疾患への鍼灸治療の向き合い方」というテーマと選択し学習してきました。

安易に選択してしまったこのテーマ・・・調べれば調べるほどドツボにはまる(笑)

とりあえず「免疫的な観点からみた子宮内膜症」についてまとめ、考察してみようということにしたのですが・・・これがまた複雑すぎて頭が混乱(>_<)

それでも何とか7月の研究会で発表ができそうなところまで仕上がりました。

時間も限られているので決して完璧なものではありませんが、少しでも理解が深まればいいかなって思っております。

今後、免疫的な機能に対して鍼灸刺激が与える影響がもっと解明されていくことを期待しております。(他力本願ですいません(^^;))

 

 

いろいろとやりたいことばかりで、またワールドカップも観たいし・・・(笑)

ゆっくりはしていられませんが目の前のことに一生懸命取り組んでいきたいと思います。

子どもの食物アレルギーのお話

こんにちは。スタッフの宮澤です。

 

梅雨入りし、ジメッとする日もありますが、恵みの雨のおかげで大地が満たされますね。

 

先日、健和会病院が毎年開催してくださる【 子育て友の会 】に参加してきました。

今年から、健和会病院院長に就任された小児科の和田浩先生の

「子どもの食物アレルギー」に関する大変わかりやすいお話を聞きました。

 

私自身、知っていたつもり・・・で、間違った理解をしていた!!と

ハッとする内容であり、お子さんを育てておられる

親御さん、祖父母皆さんに知っていただくといいなぁ・・・と思いました。

 

和田先生がまとめてくださった食物アレルギーの説明文が

ありますので、ここで紹介させていただきます。

(blogに内容紹介することを承諾してくださった和田先生に、

この場をお借りして、改めて、感謝申し上げます。)

 

 

【  子どもの食物アレルギー  】

 

  • 食物アレルギーの血液検査

「食物アレルギーが心配なので、血液検査をしてください。」という相談が時々あります。

こういう時「はい、それではやりましょう。」という対応はしません。

食物アレルギーの血液検査の結果は、実際とは食い違うことがけっこうあるからです。

つまり「卵アレルギーあり」という反応が出ていても、実際には食べても何ともない場合や、逆に「異常なし」と出ているけれど、食べると出てしまうという場合もあるのです。

なので、まずは食べた時にどんな症状が出たのかを詳しくうかがいます。

何回も食べてその度に同じ症状が出たというのなら、それだけで診断することもよくあります。

逆に出たり、出なかったりするという場合は、実は食物は関係ないということも多いのです。

 

  • 食物負荷試験

もちろん血液検査は非常に参考にはなりますからやることも多いのですが、
最終的には「実際に食べて出るかどうか」を見る「食物負荷試験」を行うことが多いです。

アトピーの場合は食べてから症状が出るまでに時間がかかるので家で試してもらいますが、食べてすぐに出る「即時型」というタイプでは、強い反応が出る可能性もあるので、病院の外来で試します。

(もっと激しい「アナフィラキシーショック」などを起こす可能性がある場合には、飯田市立病院やこども病院などにお願いして入院して行うことになります。)

 

 

  • まずは相談を

小さい時に「○○は除去しましょう」と言われ、そのままずっと食べずにいるという子が時々います。

本当に食べられないなら除去を続けなくてはいけませんが、実は食べられるようになっていることもあり、負荷試験で確認していく必要があります。

また「アレルギーが心配だから」と離乳食で卵などを与えるのを遅くしているというケースも時々ありますが、むやみに遅くするのもよくないのです。

食物アレルギーが心配だったら、自己判断での除去はせず、まずはご相談ください。

ただし、食物アレルギーの診察には時間がかかることが多いので、受付に「食物アレルギーの相談をしたい。」とご連絡ください。

なるべく一般の診察とは別に時間を取ってお話をうかがいます。

 

 

 

講演会は、和田先生が長年の臨床経験から導き出したお子さんとの関わり方を教えてくださり、

「不安な時はどうしたらいいのか」と、親御さんの気持ちに寄り添ってくださる

先生の温かいお人柄が伝わってくる時間でした。

 

“不安”“気がかり”を、受け止めてもらえる。

話をしても、大丈夫。

 

一見、当たり前のようなことかもしれませんが、「治し方」「育て方」を

詰め込むだけでは満たされない ✨ こころの安心感 ✨ をいただく時間でした。

 

健和会病院の子育て友の会は、

どなたでも 参加できる 会です。

 

この先も、様々なお話が聞ける講座が続きます。

 

知りたいことを知る。聞きたいことを聞けるいい機会です。

良かったら、足を運んでみるのもいいかなぁと思います(#^^#)

 

 

【 2018年度 子育て講座のご案内 】

 

☆時間・・・10:00~12:00   午後開催の場合もあり。

☆場所:鼎公民館  注・・・講師の都合・公民館の予約状況等で、日時・場所が変更になる場合がありますので、確認してお出かけください。

☆全講座:予約が必要 定員20名)

  予約先:健和会病院 小児外来 (0265)23-3115(代)

小児科外来窓口でも受付可能。

☆参加費:¥300 (子育て友の会会員は無料)

 

 

7月11日(木)

子どものしつけ どこまで叱っていいの?

子育てのイライラ、ストレスでつい・・・ってこと、誰もが体験していると思います。

みんなで気楽に話してみませんか。

 

言語聴覚士

知久万寿美

 

8月23日(木)

子どもの救急蘇生、対処法

もしもの時、あなたが助けられる命がある!

万が一の救急蘇生法や緊急時の実技と対応をお話します。

 

救急救命士

 

 

9月13日(木)

子どもの薬のことをよく知ろう

薬は症状をやわらげたり、原因を治すために処方されます。薬剤師が薬についての疑問や質問に答えます。

実際の薬の味を体験してもらいます。

 

薬剤師

下島美智子

10月20日(土)

13:30~15:30

子どもの喘息

喘息とはどんな病気なのか、どうやって治していくか、

生活の中で気をつけることなどお話します。

 

小児科

和田医師

 

11月16日(金)

勇気づけの子育て

「コミュニケーション心理学」に基づいた子どもの付き合い方、お母さんが元気になれるお話をします。

*グループワークあり

 

精神科医

服部医師

 

12月13日(木)

感覚・運動・遊びながら学ぶ

遊びを通じて楽しみながら体を使って学ぶことで、運動など苦手意識のある子もすくすく成長します。

 

作業療法士

土屋美千子

 

1月17日(木)

上手な病院のかかり方、おしゃべり会

子どもは予期せず熱が出たり、吐いたり・・・心配ですよね。上手な病院のかかり方をお話します。お母さん同士も一緒にお話しましょう。

 

小児科看護師

 

2月20日(水)

2歳児との上手な付き合い方

自己主張を始める2歳児のお子さんとの上手な付き合い方、小さいうちからのスマホの関わりについてもお話します。

 

言語聴覚士

知久万寿美

 

3月6日(水)

子どもの食事

子どもの食事、気になることたくさんありますよね。

管理栄養士がご相談に乗ります。

 

管理栄養士

佐々木朱美

 

「湿気と身体の関係」~東洋医学的な視点から~

 皆さんこんにちは♪スタッフの飯塚です(^^)

6月に入って雨も降ることが多くなってきましたね^^;

潤いたっぷりのこの季節に身体は湿気の影響を受けることが多いようです。

東洋医学では過剰な湿を“湿邪”(しつじゃ)と言いまして、

体の外から身体へ影響を与える外感病の発病因子の一つと捉えています。

今回はそんな“湿邪”について調べてみました。

 

 

湿邪とは、東洋医学で言う外から身体に入ってくる病気の原因の一つです。

自然界の6種類の気候変化である六気(風、寒、暑、湿、燥、火)が異常をきたすと六邪となり、病気の原因となることから外感病邪(がいかんびょうじゃ)とも言われています。

 

 

なにやら難しい話でちんぷんかんぷんですよね(・・?

 

詳しく説明しますと、
自然界の気候変化は東洋医学では六気と呼び、
先程出てきた風寒暑湿燥火(ふう・かん・しょ・しつ・そう・か)で
現れると言われています。

風は気温変化によって起きる空気対流から派生する風、
寒は寒さ、
暑は暑さ、
湿は湿気、
燥は乾燥、
火は熱の強い状態で季節性はないとされています。

六気の気候変化は万物を育むうえで欠かせないものですが、
六気に過不足が生じた場合や、時期に反して出現した場合、
身体に悪影響を与える六邪(六淫)へと転化します。

これを外邪(がいじゃ)と呼び、外感病(がいかんびょう)の主要な発病因子となります。

 

 

六邪は口、鼻、皮膚から体内へ侵入します。

正気(身体の抵抗力)が強く外邪を排除できれば病気にはならないですが、
外邪が正気に勝ると発病します。

また、外邪の多くは季節、時間、居住地、環境と関係があるほか、2種類以上の外邪が同時に身体に入り込み、複雑な症状を引き起こすこともあります。

 

 

では、ここからは湿気の過剰により身体へと悪影響を与える湿邪についてみていきましょう。

 

 

湿邪は湿気を持つ邪気で、梅雨時や夏の湿気の多い環境で現れやすいとされています。

湿は濁りと粘りの性質があり、体内に侵入すると経絡や臓腑をつまらせ下痢やむくみが見られるようになってきます。

 

 

主な症状

下痢、頭重感、尿が出にくい、胸のつかえ、足にむくみ、倦怠感など

 

 

湿の性は重濁

 

「重」とは重いという意味。

湿邪が肌表より侵入して身体に影響すると、身体がだるい、四肢が重だるい、といった症状が現れる。

湿邪が経絡、関節に滞ると、
気血の流れが悪くなり、
皮膚の鈍感(感覚が鈍くなる)、
固定性の関節疼痛、重だるさ、動きにくいといった症状が見られる。

「濁」には汚く、不潔という意味。多くは排泄物と分泌物が汚く清らかでないことを指す。

これには目ヤニが多い、軟便、或いは粘液便、膿血便、尿の混濁、女性の帯下病、湿疹など

 

 

湿の性は粘滞

  • 湿には粘服(ネバネバ、ベったりと粘着すること)、停滞という性質がある。
  • 湿邪には粘滞性があり、排泄物や分泌物が滞って、すっきりしないなど。

 

 

湿邪による病の多くは治りにくく、
疾病の経過が長くなり、
速やかに治りにくく、
繰り返し再発を見ることもあります。

 

 

外感病になりにくくするには身体の適応力を高めて病気になりにくい身体を保つことが大切です。

日々の身体のメンテナンスや予防のための鍼灸治療を受けて適応力を高め病気になりにくい身体を目指してみませんか?